ジャンプ

ジャンプのリップがさほど立っていないため、初心者の方にも安全にチャレンジできます。
最初は、スピードを出さずにジャンプをなめる感じで走行してください。
そこから徐々にスピードを上げて様子を見ながらチャレンジしてみてください。

Special Thanks to tubagra rider samo